めも帳。

工藤遥ちゃんをメインとしたヲタク活動記録です

ネタバレしかない「ファラオの墓」の話

 

※ネタバレばっかりです

※原作の話も含むのでこれから読もうとしてる人もご注意ください

 

 

f:id:rei_m10:20170606225103j:image

モーニング娘。'17主演、演劇女子部『ファラオの墓 太陽の神殿編・砂漠の月編』

6月3日には月→太陽→月、翌日4日に太陽→月と2日間で交互に5公演観てきました!

全体としてはかなり完成度高かった!ついこの前武道館でキラキラアイドルやってたのに、一週間後にもう初日スタートだし、インフルエンザでメンバー揃わない期間もあったのに、そんなの感じさせない完成度。あとメンバーみんなソロ歌唱あって見所あるのがいいですね。

 

この舞台をやると聞いてすぐ原作を購入し読みましたが長いです、そしてかなりエグいです。一体どうやって2時間の舞台にまとめるのかと!

配役一覧に原作での重要キャラがいなかったのでかなりストーリー変えてくるんだなとは思った、思ったけどされでも初見の時結末に「んんん?」となってしまったので、原作は観終えたあとに読むと良いかも。でも先に読んどいたおかげでこの曲の歌詞あの部分だー!って分かったり、省略されているそれぞれの関係性が自分には見えてたり、工藤遥ちゃんのスネフェルは原作とすごくマッチしてていいなと思えたり。(あとで触れる)

漫画として面白いし舞台のいい補完になるのでぜひ原作も読んでみてほしい。

以下だらだらと感想を書きます、語学力ゼロでごめんちゃいマリタ。

 

 

ナイルキアめっちゃかわええ

野中美希さん、ナイルキア役に大抜擢。

「お兄さま!」がやはりよく似合いますね!

初めての恋にふわふわしてる感じから、相手が敵国ウルジナ国王と知りスネフェルを想い、兄を想い、母国を想い、救ってくれたメネプ神官やアンケスエン姫を想い、葛藤するナイルキアをしっかり演じられていたと思うし、ちぇるがこの役で良かったなぁと思った。

ナイルキアとスネフェルは2人で歌う場面が3回もあるんですね。2回目の森での逢瀬の時に歌う歌は原作でも同じ歌詞でナイルが歌っています。ここの歌先行販売のサントラには入ってないけどすごくよかった。そして3回目の2人で歌う場面。ここで私も泣いてしまったのですがまさに歌に泣かされた。

サリオキスとアンケスエンの関係性はまず原作とかなり違ってるので仕方ないけど、2人が歌う場面は1回しかなく舞台での絡みも少ないんですよね。どうしてもナイルキアに感情移入しがち。ハープの演奏も見事でした!

 

 

イザイさんに地獄へ堕とされたい

モーニング娘。加入後初の舞台となるイザイ役の13期・加賀楓さん。

原作読んで「イザイ役をやりたい!」と思えるのがまずすごい。剣道経験者ということで殺陣でめちゃくちゃ 活躍してましたね。生田マリタとの一騎打ちかっこよすぎたしケス大臣へのとどめの刺し方!!砂漠の鷹の歌のときはどっしりと真ん中でみんなを引っ張っていました。声量がすごい。歌というかあれはもうイザイの咆哮だった。

「イザイさんに地獄へ堕とされたい…」舞台を見終えて三言目くらいに私の発した言葉。

f:id:rei_m10:20170606225310j:image

思わず2公演目見たあとピンポス交換してもらったよ。

 

 

砂漠の鷹軍団好きすぎ

f:id:rei_m10:20170606225357j:image

サリオキス率いる砂漠の鷹軍団。アリとパビのコンビがとってもかわいい。

サリオを埋める穴を掘るシーン、あそこは何回見ても笑ってしまいます。というか今回笑いどころのバランスがちょうどいい感じ。あとパビのアンケスエンへの「帰れー!!かーえーれ、アソーレかーえーr」

 ○| ̄|_

↑ここ最前下手席で目の前で見れて嬉しかったwww

ユタとアリは原作にしかいないベヌ・ティトの役割も舞台では果たしてますね。アリまりあのジャニーズ感ハンパねぇ。

あとイザイさん大好きなサライかわいい。小田サライ石田サライどっちもよかったけど石田サライのイキイキっぷりがスネフェルとのギャップで面白かったです。あと通路降臨からステージに戻るため階段上がる時、一段飛ばしでひょいひょいっと上がるの、これも最前ですぐ目の前だったのでニヤニヤしてしまいましたw

 

 

小田ちゃんの歌もっと聴きたい

サリオキスとサライを演じた小田さくらさん。小田サリオキスの主人公感すごくよかったけど、個人的に小田ちゃんは女役をやってほしい。去年のフロルとフォースみたいにガツンと歌ってほしい。

サリオキスはナイルキアと歌う曲にアンケスエンと歌う曲もありますがスネフェルに比べるとやっぱり弱いというか、サリオキスももっと歌ってくれ!!あ、公式でふくどぅーの曲ができたのはとっても嬉しいです。

 

 

もったいないと思ってしまったアンケスエン

譜久村聖さんの演技はとてもよいのですよ、最後の歌も魂こもっててすごくよかった!ナイルキア同様ふくちゃんがアンケスエンでよかった。

アンケスエンの設定が色々変わってしまったのがもったいなくて、、ふくちゃんも原作のアンケスエンと自分が演じなきゃいけないアンケスエン、両方を考えて悩んだのではないだろうか。長い原作を2時間にまとめないといけないから仕方ないんだけど、仕方ないで終わらせるにはもったいなさすぎる。できることなら前編後編の2部作で見たかったくらい。原作読まずに行ってたら私みたいににアレコレ考えないかもしれないですねw

 

 

スネフェルが好きすぎ(石田)

今回の舞台で一番話題になってる(気がする)の石田亜佑美さん演じるスネフェルだと思う、私の周りでも推しとか関係なくガチ恋ヲタクが生まれすぎている。去年に引き続き男役だけど去年とは全く違うのを見せてくれました。去年の工藤タダ石田タダを比べた時も思いましたが、やはり地毛は強い(?)

石田スネフェルと工藤スネフェルで、同じ役を演じていてもそれぞれ印象の違うスネフェルですよね。あゆみんのスネフェルはちょっと大人で落ち着きながらも狂気に満ちていて、私は勝手にるろうに剣心の志々雄真実みを感じました。(共感してくれる人いなさそう)

f:id:rei_m10:20170606225530j:image

謎に3枚も自引きした石スネピンポス。

 

 

スネフェルが好きすぎ(工藤)

我が推し工藤遥ちゃんの話、の前に原作においてのスネフェルの話します。

原作でスネフェルの過去はさらっとさり気なく触れられてるんですが、ウルジナがエステーリアを滅ぼした時、スネフェルは国王であったものの戦いの指揮は執っていません。スネフェルが若くして(エステーリアが滅びた時点でサリオキスは15歳設定なのでスネフェルも当時15歳前後?)国王になったのもゲスryケス大臣が先王であるスネフェルの父を暗殺したからなんですね。まだ幼いのに国王として担ぎ上げられ、母からの愛情を受けずに育ち、国民からも「蛇王」と恐れられ陰口を囁かれ。ああいう王になるわけです。ウルジナ最高機関 とか言って結局権力握ってるのもケス大臣で。

そういう過去があるから、ハルちゃんの演じる少年っぽさの強いスネフェルは私の中でドンピシャだった。工藤遥ちゃんの少年っぽさってほんと尊いなと思った(なんか頭悪そうな言い方)。工藤のスネフェルはなんかガキっぽいな~と思っちゃった人はそれでいいんだと思う。

奴隷たちの前にスネフェルが出てきて初めて言葉を発した時はゾクゾクした。クリクリのたれ目がかわいいハルちゃんも鋭く冷たい目つきに変わる。それでもナイルに向ける目はめちゃくちゃ優しい。ナイルに感情移入しがちおばさんなのでスネフェルがまたさらに魅力的に見える。連番したお友達のおかげで観に行った5公演中1公演、砂漠の月編を最前で見ることができたのでもう観劇中胸が苦しすぎた。工藤スネフェルがセット上段から下段にいる人を見下ろしている時その延長線上に私はいた、何度も睨み殺された…。

カーテンコールでも工藤スネフェルは袖に捌けるまでずっとスネフェルのままで、工藤スネフェルと小田サリオキスがそれぞれ袖の上手と下手から歩いてくるとこ。お互いの顔を見て微笑んでいるのですが、ステージ中央に来て客席の方を向くとスッと真顔になった工藤スネフェルにまたゾクッとしました。

最後の主題歌での表情や体の動き、ハルちゃんサリオキスとスネフェルで全く違うんですね。サリオキスは微笑みながら歌ってるけどスネフェル全然笑わないよ…ほんと別人。んで捌けるときのスネフェル×ナイルキア、ナイルと目を合わせた瞬間優しい顔になるスネフェル。ナイルの頭をポンッてしてから背中支えて歩いていくのずるい……土曜日はそのパターンだったけど日曜日は頭ポンッじゃなくて両手でナイルの頬を挟んで覗き込むようにしてから捌けていった…スネフェル様ずる過ぎ。

原作読まず舞台見てスネフェルに落ちてしまった人はほんと原作読んでみてほしいです、もっと好きになりますこじらせます。

f:id:rei_m10:20170606225808j:image

スネフェルスネフェル言ってるけどもちろん2人とも好きだよ!!

 

 

スネフェルのちょっとした好きなとこ

工藤スネフェルのイライラ貧乏ゆすり好きな人たぶん多いですよね、ええ私も大好きです。あとルーを呼ぶとき声荒げて「ラゥァー!」ってなるのが好きです。

石田スネフェルは貧乏ゆすりしないけど椅子の上に足乗せて座るのが好きです。二人ともお行儀悪い!好き!!

あと細かいとこですが、クライマックスのサリオキス対スネフェルのシーン。スネフェルが「心ゆくまで戦おうぞ」と言って剣を鞘から抜くとこです。石田スネフェルは鞘を勢いよく下に叩き付ける。工藤スネフェルはポトッと落とすように手を離す。細かいんですがここの違いがわりと好きだったりする。

最後の二人の殺陣かっこよすぎてもっとじっくり見たい。

 

 

土日2日間観に行ったけどこの2日間でもかなりパワーアップしてるのを感じられたので千秋楽がとってもたのしみです!

DVD出たら太陽も月も同じくらい見るだろうな。サントラ完全版も早くほしいです。

残りの公演も怪我などなく無事に完走できますように!